未分類

JTBのツアーでグアム リーフ&オリーヴ スパ(Guam Reef & Olive Spa Resort)に宿泊してみた!

更新日:

グアム リーフ

グアムリーフホテルをJTBのツアーで利用しました。
(2019年4月1日よりホテル名称をグアムリーフホテルになりました)

ホテルの入り口、フロントすぐ側に、jtbのコンシェルジュが常駐しています。
どんな些細な事も相談にのって頂け、部屋の照明のスイッチ、チャモロビレッジナイトマーケットの行き方等、日本語ですぐ相談出来て助かりました。

また、JTBのツアーで申し込むと、最上階のラウンジが無料で何度も使え、朝は朝食、昼は軽食、夜は、夜景と供に、ビールやスパークリングワインを楽しめるのが嬉しかったです。

朝食は簡単にして、その分、夜は豪華に、とか、昼食はがっつり食べて、お酒はここのラウンジで軽くとか、
逆に、昨日は暴飲暴食したから、ジュースとヨーグルトだけ朝に頂く等、
自分の予算や体調に合わせて寄れる、使い勝手の良いサービスと感じました。

インフィニティープールが魅力

グアム リーフ&オリーヴ スパ プール
次に、ホテルの施設について。観光もいいけどともかく思いっきり泳ぎたい、という方はこのホテルがオススメです。
その理由の一つが、インフィニティープールの存在です。

自分の泳いでいる場所が、そのまま、海へと繋がっている。実際に液面に漂っていると、この売り文句が体で実感出来ます。朝の青い海へと繋がる爽やかさも、沈む夕陽と一体になる心地よさも、良い旅の思い出になりました。

ビーチも最高!

グアム リーフ&オリーヴ スパ ビーチ

そしてそこから階段を降りれば、すぐ、ビーチに直結しています。グアムの海の素晴らしさは、上から眺めるのでなく、潜り泳ぐ事で始めて実感出来ます。
日本の海ではまずお目にかかれない透明感、少し潜るだけで色とりどりの魚達が、群れて横切ってくる興奮。
この海の素晴らしさを最大限に堪能するには、シュノーケルは必須です。
是非ご用意を。

朝でしたら、まだ人もまばらな時間、独り占めの海を食事前に軽く一泳ぎ、というアクティブな贅沢も、グアムなら、そしてこのホテルなら許されます。

また、ビーチの合間にプールがある事が、思った以上に嬉しいです。
海でたっぷり泳いだ後は、シャワーを浴びた後、ちょっとお疲れの体をプールに浸し、沈みゆくサンセットを眺めながら、まるでお風呂気分で、プールにぷかぷかゆったり浸かる事が出来ました。

繰り返しますが、とことん泳ぎたい人間にとって理想の環境です。

パシフィック・リム・レストランもオススメです。

パシフィック・リム・レストラン

また、観光の楽しみの一つである食事、ハンバーガーやステーキといったアメリカンなメニューも良いですが、オススメしたいのは、このホテルにある、パシフィック・リム・レストランのディナー、パロットフィッシュのクリスピーベイク、ブダイのピスタチオ風味。

ボリューミーな肉料理や新鮮なシーフード料理、それがグアムで食べられる物のイメージでしたが、この白身魚のソテーは不意打ちでした。
柔らかいブダイの身に、白いソースが絡んで、ビックリする旨さです。
白身魚がここまで舌を蕩けさせるとは思いませんでした、日本の焼き魚からは想像つかない。だるくなった舌に、合間合間に、丁寧に潰されたマッシュポテトを食べると、また箸が、いえ、フォークとナイフが進みます。

ワインを運んできウェイターさんにデリシャス!と伝えるとイッツナンバーワンメニュー!と返されました。
それも納得の美味しさでした。

ともかく思いっきり泳ぎたい、予算を食事で調整したい、あとブダイのピスタチオ風味食べてみたい。
JTBのリーフホテルツアーは、そんな人にお勧めのホテルです。

-未分類

Copyright© 格安!グアムの現地オプショナルツアーナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.